スマート選挙ブログ

業界初!ゼンリン地図と名簿がリアルタイム連動するクラウド選挙活動ツール【スマート選挙】の公式ブログです。

【スマセンBlog】勝てる名簿・負ける名簿

f:id:smartsenkyo:20190924110147p:plain



選挙活動を目前にした候補者なら誰もが持っている、支援者名簿。この名簿で勝敗が分かれると言っても過言ではないでしょう。名簿管理のコツと選挙活動での効率的な使い方について解説します。 

 

データをどのように活用するかは候補者によって千差万別。

しかし選挙戦で勝てない候補者の名簿にはある共通点がありました。

 

「負ける名簿」の特徴

 

選挙で結果を残せない候補者の名簿には共通した特徴があると言われています。

以下のようなポイントに心当たりはありませんか?

あったら、今すぐ修正していきましょう。

 

・定期的にメンテナンスをしていない

・投票見込みの高い支援者・低い支援者が混在している

・支援者の住所、電話番号、メールアドレス以外の情報がない

 

 

名簿の約3割は「死んでいる」!?

 

f:id:smartsenkyo:20190731131342j:plain

 

膨大な数の名簿はあるが、その大半に何年もアプローチしていない・・・というケースがよくあります。名簿管理は企業にとっても課題ですが、管理のずさんな企業では平均して3割の名簿が「死んでいる」、つまり情報が無効な状態なのだそうです。支援者名簿が無効になってしまう理由として「支援者の引っ越し」「候補者からの情報提供拒否」などがあげられます。いずれにしても、直近にアプローチしていない事が原因で、無効な名簿を持ち続けてしまっているのです。効率的に選挙期間を乗り切るために、まずはこの名簿を整理してみることから始めましょう。

 

鮮度が命!名簿は定期的にメンテナンスを

 

f:id:smartsenkyo:20190730120930j:plain

 

では、古くなってしまった顧客名簿は削除すれば良いのでしょうか?答えはノーです。あなたが関わりを持っていないだけで、現在もその有権者の支援を得ることは可能かもしれません。その有権者が少しでも支援者になってくれる可能性があるならば、名簿に残しておくべきです。

古い顧客名簿を生き返らせるには、まず存在確認をすることが必要です。住所がわかっている有権者にはハガキを一斉送信して、転居先不明で返ってきた分だけ削除します。またメールアドレスがわかっている場合は、メールを一斉配信してみるのも良いでしょう。こうして名簿に残った有権者へのアプローチ可否をスクリーニングという方法が一般的です。

 

有権者の確度によって、アプローチの仕方を変える

 

スクリーニングで残った未アプローチの有権者はどうすれば良いのでしょうか。ここに対してはハガキや電話、メールマガジンなど、事務所内の作業で完結し、自動化できるツールを使えば良いのです。「死んだ」名簿より、より確度の高い有権者に複数回接触した方が成果に繋がります。人的資源も時間も有限な選挙期間、個別訪問はこのような見込み高の有権者に集中した方が良いでしょう。

 

有権者をランクで分ける

 

f:id:smartsenkyo:20190802122522j:plain

 

有権者の見込み度(あなたに投票してくれる可能性がどの程度か)はルールを決めてランク付けすると良いでしょう。例えばある事務所では、以下のような分類を行っていました。

 

Aランク・・1ヶ月以内に直接話ができており、投票見込みが高い

Bランク・・1ヶ月以内に直接話ができているが、投票見込みは不明

Cランク・・3ヶ月以内に何らかの接触履歴があるが直接話をできていない

Dランク・・3ヶ月以上接触がない

 

この事務所では、候補者がA・Bランクの支援者に個別訪問や電話をしていきます。一方事務所スタッフはCランクの有権者に電話をかけ、Dランクの有権者にメルマガを送るというルールで選挙活動を展開していました。ルールを明確にすることで選挙チーム内の意識決定やスピードが向上し、候補者がカバーできないアプローチをスタッフに任せることができます。

 

「スマート選挙」をこう使う!

 

スマート選挙では、名簿情報に見込み度に応じた「ランク」を登録できます。一斉メールやメールマガジンを送る際も、見込み度によっては伝えるメッセージが異なることもあります。そのような場合には、登録しておいたランクごとに連絡先データを検索してダウンロードすれば、作業の時間短縮にもつながります。

 

f:id:smartsenkyo:20190802122033j:plain

 

また誕生日や記念日も登録できるので、当日にお祝いメールを送るなどして有権者との距離を縮めることもできるのです。

 

メルマガ配信機能、近日公開予定!

 

「スマート選挙」には今後、メールマガジン配信機能が追加される予定です。名簿管理からメッセージの配信まで一元管理でき、より便利になります。お楽しみに!

 

 

======================

サポートメール:smsk@peacefactory.co.jp
電話受付:03-6809-5155(受付時間:10〜18時)

 

f:id:smartsenkyo:20190529162217p:plain