選挙で同じ得票数だった場合はどうなる?くじ引きで勝敗が決まるって本当!?

選挙で同じ得票数だった場合はどうなる?くじ引きで勝敗が決まるって本当!?

「選挙で投票して、何か変わるのだろうか。自分の一票くらい無くても、何も変わらないのでは?」

このように感じたことのある方、多いのではないでしょうか。

しかし、得票数が同じだった場合にはくじ引きで当選人が決定し、実際にそのようにして決着がついた選挙が複数ある、ということをご存じですか?

実例を交えて解説します!

1.開票の結果同じ得票数だった場合

開票の結果、得票数が同じ候補者が2名以上いた場合には、公職選挙法の規定により、くじ引きで当選者を決定します。

公職選挙法 第95条第2項

当選人を定めるに当り得票数が同じであるときは、選挙会において、選挙長がくじで定める

「選挙長がくじで定める」とありますが、実務上は、得票数の同じ候補者同士がそれぞれくじを引くケースも存在するようです。

2.同じ得票数だった過去の選挙

「同じ得票数になることは実際に起こり得るの?」と思いますよね。

地方選挙での事例になりますが、直近の10年ほどで確認できただけでも、以下の通り複数の事例が存在しています。

2021年千葉旭市議選最後の1議席を争った2名の得票数が同数に。選挙長がくじ引きを実施。
2019年神奈川県相模原市議選最後の1議席を争った2名の得票数が同数に。該当の候補者同士でくじ引きが行われた。
2019年埼玉県狭山市議選最後の1議席を争った2名の得票数が同数に。該当の候補者同士でくじ引きが行われた。
2018年佐賀県有田町議選16番目の議席を巡り、2名の得票数が同数に。該当の候補者同士でくじ引きが行われた。
2017年島根県飯南町議選定数10のうち第9位の得票数が同数で3名が並んだため、補者同士でくじ引きを実施。2名が当選、1名が落選。
2010年青森県大鰐町長選2名の得票数が同数に。選挙長がくじ引きを実施。

くじ引きにより当選が決定した候補者は、一様に「落選した方の分まで頑張らなくてはいけない」という思いを一層強くするようです。自身の一票の重みを、しみじみと実感しますね。

3. まとめ

  • 開票の結果、候補者が同じ得票数を獲得した場合には、公職選挙法の規定により、くじ引きで当選者が決定する
  • 実際にくじ引きで当落が決定した地方選挙が複数存在する

 

<参考>

四日市市広報|令和2年10月上旬号|得票数が同数の場合はどうなる?

読売新聞|市議選得票同数でくじ引き、「1票重い」と号泣

公職選挙法 | e-Gov法令検索

NHK政治マガジン|最後の1議席はくじ引きで 千葉 旭市議会議員選挙

朝日新聞|得票同数、運命のくじ引き 当選者号泣「1票が重い」 [2019統一地方選挙]

東京新聞|狭山市議選 最後の議席はくじ引き:統一地方選2019

佐賀新聞|<有田町議選>くじ引きで最下位当選 新人が当選 | 行政・社会 | 佐賀新聞ニュース

大阪府|選挙あるあるクイズ(解答)

 中国新聞|島根県飯南町議選、新町議10人決まる【2017年7月23日】

Yahoo!ニュース|得票数が全く同じ候補者がいるときはどうなるの?(THE PAGE)

日テレNews|町長選で得票同数、くじ引きで決着 青森

この記事を書いた人

銀行員生活を経て、インド・バンガロールに転居。インド滞在中は、チャリティーバザーの開催や現地月刊誌への寄稿などをしていました。現在は帰国し、フリーランスとして、通訳・翻訳・ライティングのお仕事をしています。
読者の皆様の「知りたい!」にお応えし、「選挙がわかる、政治を変える」ためのお手伝いがほんの少しでもできたらと思っています。

選挙
スマート選挙ブログ
タイトルとURLをコピーしました