スマート選挙ブログ

業界初!ゼンリン地図と名簿がリアルタイム連動するクラウド選挙活動ツール【スマート選挙】の公式ブログです。

【スマセンBlog】メルマガでフォロワーを増やそう

f:id:smartsenkyo:20190926162328p:plain

 

国政選挙では2013年の参院選から、インターネットを使った選挙運動が解禁されたことを受け、多くの候補者がメルマガやSNSなどのツールを通して有権者にアプローチを行っています。メールやSNSを使った発信が一般化してきた今、コンテンツをいかに差別化するかが、有権者を振り向かせるポイントとなっています。

 

f:id:smartsenkyo:20190807142750j:plain

 

メールは「捨てられて当たり前」と考える

メールは利用者層も広く、複数の政党をフォローしている有権者も多いため、内容や送り方を工夫しないと読まずに捨てられてしまいます。他のメールに埋もれてしまわないためには、どのような工夫が必要なのでしょうか。

重要なのは「ユニークさ」と「送るタイミング」です 。具体的なポイントを見て行きましょう。

 

①テーマを明確にする

f:id:smartsenkyo:20190807143249j:plain

 

忙しい日々の中でちょっと立ち止まり、メールマガジンを読むというのは、有権者にとっても大変な作業です。それでも「読みたい」と思ってもらうために、「このメールには有益な情報が入っている」と感じてもらうことが重要です。そのため、メールマガジンを通じてテーマに一貫性があると良いでしょう。

テーマを伝えるのに重要なのは1通目。「このメルマガでは●●についてお伝えします」と購読者に伝え、あなたのメールマガジンを「他にはない読む価値」があるコンテンツである事を伝えるのです。

 

「読まれやすいテーマ」を選ぶ

テーマ選びにおいて肝心なのは、候補者本人のアピールのみならず、世間一般に注目度の高い話題を織り交ぜておくことです。

一例をご紹介しましょう。

 

・税政、社会保障の変更・影響を解説

2019年であれば「消費税増税のメリット・デメリット」「年金受給時期の拡大、これからの社会保障制度の可能性」このようなコンテンツがよく読まれています。自身の見解を織り交ぜることで有権者が候補者に投票するメリットを感じる機会となることも。

 

・各政党のマニフェストを比較

選挙前なら、こんなコンテンツも良いでしょう。各政党の比較は有権者にとっても時間がかかります。そんな時にわかりやすくまとめた表などのコンテンツには注目が高まります。2019年7月の参院選では、一般有権者が作成したイラストを使ったマニフェスト解説がSNS上で話題になっていました。

 

f:id:smartsenkyo:20190905153840j:plain f:id:smartsenkyo:20190905153917j:plain

工藤彩音さんのFacebookより

 

 

 シンプルでわかりやすく、より多くの人にとって関心の高いテーマを設定しましょう。

 

③候補者の「人となり」を伝える

政策を伝えることはもちろん重要です。しかしファンになって頂くために、①の主要テーマに加えて、候補者自身がどのようなキャラクターなのかを伝えていくと、より良いでしょう。

 

・趣味の話を織り混ぜる

 「草野球が好きなので、今日も練習してきました!」や「魚釣り(ボードゲーム、スポーツ、歌・・・etc)をしてきました」など、選挙活動以外の明るく活発な面をアピールしても良いでしょう。趣味の発信は、これまでは接点のなかった有権者とコミュニケーションをとるきっかけにもなります。

 

・日常の出来事を紹介する

 「家の近くにこんな良い散歩コースを発見しました」や、「地域のお祭りに参加しました」など、有権者にとって候補者を身近に感じられるような話題を発信するとよいでしょう。選挙では、有権者からの共感や好感を日々積み上げることが重要です。

 

・家族の話題

 特にお子さんがいる候補者の場合は、教育・保育政策の根拠にもなり得ますから

 差し支えないようなら家族の写真なども入れると良いでしょう。

 

もちろん、政策に関する発信は重要ですが、時折カジュアルな話題を提供し、親しみを持ってもらうことはファン獲得の近道です。

 

④「あなたに向けた情報」を伝える

 

メルマガを捨ててしまうのは「自分には関係のない情報だから」です。受け手にそう思わせないためには相手の興味・関心に合った内容を適切なタイミングで送ることが重要です。メルマガ配信ツールの多くは氏名を自動入力することができます。受信した側に「●●様」から始まるメールを受信したという通知が届きますので、これは活用したいですね。

 

少し上級テクニックですが、受信者側の行動によって内容を変えていく手法も有効です。CRM機能のついたメルマガの配信ツールを使い、相手が開封したか、コンテンツの内のリンクをクリックしているかなどの情報を得ることがでいます。 開封頻度やクックしたコンテンツによって内容を変えて配信することで、受信者側からすれば「自分の興味にあった情報が送られてくる」という感覚になり、よりコンテンツを読んでもらいやすくなるでしょう。メルマガの購読者が多い場合などには、実践する価値があります。

 

 

 

======================

資料請求はこちらから!

https://smartsenkyo.com/#contact

サポートメール:smsk@peacefactory.co.jp
電話受付:03-6809-5155(受付時間:10〜18時)

 

f:id:smartsenkyo:20190529162217p:plain

 

 

 

 

 

【スマセンBlog】勝てる名簿・負ける名簿

f:id:smartsenkyo:20190924110147p:plain



選挙活動を目前にした候補者なら誰もが持っている、支援者名簿。この名簿で勝敗が分かれると言っても過言ではないでしょう。名簿管理のコツと選挙活動での効率的な使い方について解説します。 

 

データをどのように活用するかは候補者によって千差万別。

しかし選挙戦で勝てない候補者の名簿にはある共通点がありました。

 

「負ける名簿」の特徴

 

選挙で結果を残せない候補者の名簿には共通した特徴があると言われています。

以下のようなポイントに心当たりはありませんか?

あったら、今すぐ修正していきましょう。

 

・定期的にメンテナンスをしていない

・投票見込みの高い支援者・低い支援者が混在している

・支援者の住所、電話番号、メールアドレス以外の情報がない

 

 

名簿の約3割は「死んでいる」!?

 

f:id:smartsenkyo:20190731131342j:plain

 

膨大な数の名簿はあるが、その大半に何年もアプローチしていない・・・というケースがよくあります。名簿管理は企業にとっても課題ですが、管理のずさんな企業では平均して3割の名簿が「死んでいる」、つまり情報が無効な状態なのだそうです。支援者名簿が無効になってしまう理由として「支援者の引っ越し」「候補者からの情報提供拒否」などがあげられます。いずれにしても、直近にアプローチしていない事が原因で、無効な名簿を持ち続けてしまっているのです。効率的に選挙期間を乗り切るために、まずはこの名簿を整理してみることから始めましょう。

 

鮮度が命!名簿は定期的にメンテナンスを

 

f:id:smartsenkyo:20190730120930j:plain

 

では、古くなってしまった顧客名簿は削除すれば良いのでしょうか?答えはノーです。あなたが関わりを持っていないだけで、現在もその有権者の支援を得ることは可能かもしれません。その有権者が少しでも支援者になってくれる可能性があるならば、名簿に残しておくべきです。

古い顧客名簿を生き返らせるには、まず存在確認をすることが必要です。住所がわかっている有権者にはハガキを一斉送信して、転居先不明で返ってきた分だけ削除します。またメールアドレスがわかっている場合は、メールを一斉配信してみるのも良いでしょう。こうして名簿に残った有権者へのアプローチ可否をスクリーニングという方法が一般的です。

 

有権者の確度によって、アプローチの仕方を変える

 

スクリーニングで残った未アプローチの有権者はどうすれば良いのでしょうか。ここに対してはハガキや電話、メールマガジンなど、事務所内の作業で完結し、自動化できるツールを使えば良いのです。「死んだ」名簿より、より確度の高い有権者に複数回接触した方が成果に繋がります。人的資源も時間も有限な選挙期間、個別訪問はこのような見込み高の有権者に集中した方が良いでしょう。

 

有権者をランクで分ける

 

f:id:smartsenkyo:20190802122522j:plain

 

有権者の見込み度(あなたに投票してくれる可能性がどの程度か)はルールを決めてランク付けすると良いでしょう。例えばある事務所では、以下のような分類を行っていました。

 

Aランク・・1ヶ月以内に直接話ができており、投票見込みが高い

Bランク・・1ヶ月以内に直接話ができているが、投票見込みは不明

Cランク・・3ヶ月以内に何らかの接触履歴があるが直接話をできていない

Dランク・・3ヶ月以上接触がない

 

この事務所では、候補者がA・Bランクの支援者に個別訪問や電話をしていきます。一方事務所スタッフはCランクの有権者に電話をかけ、Dランクの有権者にメルマガを送るというルールで選挙活動を展開していました。ルールを明確にすることで選挙チーム内の意識決定やスピードが向上し、候補者がカバーできないアプローチをスタッフに任せることができます。

 

「スマート選挙」をこう使う!

 

スマート選挙では、名簿情報に見込み度に応じた「ランク」を登録できます。一斉メールやメールマガジンを送る際も、見込み度によっては伝えるメッセージが異なることもあります。そのような場合には、登録しておいたランクごとに連絡先データを検索してダウンロードすれば、作業の時間短縮にもつながります。

 

f:id:smartsenkyo:20190802122033j:plain

 

また誕生日や記念日も登録できるので、当日にお祝いメールを送るなどして有権者との距離を縮めることもできるのです。

 

メルマガ配信機能、近日公開予定!

 

「スマート選挙」には今後、メールマガジン配信機能が追加される予定です。名簿管理からメッセージの配信まで一元管理でき、より便利になります。お楽しみに!

 

 

======================

サポートメール:smsk@peacefactory.co.jp
電話受付:03-6809-5155(受付時間:10〜18時)

 

f:id:smartsenkyo:20190529162217p:plain

 

 

 

【速報】参院選でスマート選挙利用の候補者100%当選

f:id:smartsenkyo:20190724080226p:plain




2019年7月21日(日)に投開票が行われた参院選

スマート選挙を利用された候補者は全員当選

との結果が出ています。おめでとうございます!

 

当選された議員の方々の活用事例をご紹介します。

 

・地図落とし

・ポスター管理

・地図のブックマーク

・地図の印刷機

 

全国比例でも

現地⇆本部の連携に活躍

 スマート選挙の地図は日本全国に対応しているため、全国比例でも活用できます。ある全国比例の候補者はスマート選挙で地図落としした重点地域をブックマークし、Dropboxで地図画像を保存、その情報を本部事務所と共有して利用したそうです。小選挙区のみならず、全国規模で「ドブ板選挙」を展開するのにスマート選挙が役立ったという声を頂きました。

 

スマート選挙、

こう使った!

今回の選挙期間に候補者の皆さまからお寄せ頂いた、スマート選挙の活用事例をご紹介します。

 

移動中の忙しい時にもワンタップで保存!

f:id:smartsenkyo:20190724081251p:plain

モバイルゼンリン住宅地図の中から保存したい場所をタップして保存。長時間歩く挨拶回りもタブレット片手にストレスなく行えたとの声を頂きました。

 

Google map のナビで目的地まで迷わず移動!

目的地から「ナビ」を選択して目的地を設定すると、そのままgoogle mapに飛び、ナビが開始されます。

地図と、スマホを交互に見ながら、有権者宅やポスターを探さなくてOK。この機能、なかなか便利です!

 

面倒なポスター貼り・剥がし作業も一括管理!

f:id:smartsenkyo:20190724081331j:plain

f:id:smartsenkyo:20190724084118p:plain



数百〜数千枚貼るポスターは、どこに貼ってあるのか、まだ剥がしていないのは・・?といった悩みの多いポスター管理。スマート選挙なら貼付け場所からポスターの種類や貼付けに至った経緯まで一括管理出来ます!事務所だけではなく現地からでも作業ができるので、スタッフ間でも分担もしやすくなるそうです。

 

本部と地方で情報を連携!

f:id:smartsenkyo:20190724081356j:plain

全国比例のように地方と本部などの複数拠点が連携し選挙活動する場合も、地方拠点で入力した情報を本部で一括管理、全国の情報が可視化できるという利点があります。ある候補者は地方で収集した地図データをDropboxEvernoteクラウドサービス)に保存し、その情報を国会事務所でリアルタイムに閲覧し、適切な指示を送るという形で連携していたということです。

 

初めてでも使いやすい

「スマート選挙」

シンプルで視覚的に操作できるスマート選挙は、様々な年代の候補者の方やデジタルに不慣れの方でも有効活用できた!との声を頂きました。

 

今後も現職議員の方や候補者の皆さまなど政治に関わる方々のお役に立てるスマート選挙になるべく進化していきます!

 

資料請求はこちらから!

https://smartsenkyo.com/#contact

 

「月刊事業構想 2019年7月号」に掲載されました 〜2019年6月18日〜

f:id:smartsenkyo:20190703124127p:plain

 皆様こんにちは!スマート選挙チームです。

スマート選挙が統一地方選挙での当選率80%超の実績を評価され

月刊事業構想2019年7月号に掲載されました。

開発秘話やこれからのスマート選挙の「戦い方」を取材していただいています!



f:id:smartsenkyo:20190620151608j:plain

 

 

<記事のポイント>

 

・スマート選挙はPeaceFactory社長・堀が「友人の選挙を手伝いアナログな選挙活動に衝撃を受けたことをきっかけに2017年にリリースした。

 

・選挙期間外の支援者とのコンタクトや、街なかでの選挙活動までを支援するツールとして口コミで利用が広がり、国会議員から首長まで所属政党を問わず全国にユーザーがいる。

 

・特に評価が高い、「自動地図落とし機能」。支援者名簿から地図上の位置を自動的に同定する。これにより時間のかかっていた「地図落とし」などが簡単にできるようになり効率的に選挙活動が進められるようになった。

 

続きは下記URLまたは書店へ!

 
https://www.projectdesign.jp/2…/digital-goverment/006551.php

 

 

スマート選挙 アップデートのお知らせ 〜2019年5月13日〜

 f:id:smartsenkyo:20190513174611p:plain

皆様こんにちは!スマート選挙チームです。

平成最後の地方統一戦も終わり、新しい時代になりました。


スマート選挙チームは、新しい時代に浮かれることなく 日々皆様の活動の一助になるべく爆速でアップデートを行っております。

 

本日5月13日のアップデートの情報です。

 

続きを読む

スマート選挙 アップデートのお知らせ 〜2019年3月22日〜

 f:id:smartsenkyo:20190322173712p:plain

皆様こんにちは!スマート選挙チームです。

いよいよ3月も後半、平成最後の地方統一戦が近づいております。

暖かくなってきておりますが、くれぐれも体調管理は怠らぬよう気を引き締めて行きましょう。

統一戦に先だって行われた台東区議会議員選挙にて、スマート選挙ユーザーが無事当選を果たしました!

上位当選した方もおり、嬉しい限りです!この勢いでスマート選挙ユーザーの皆様の当選をお祈り致します。

スマート選挙は皆様の活動の一助になるべく日々爆速でアップデートを行っております。

 

本日3月22日のアップデートの情報です。

 

続きを読む

スマート選挙 アップデートのお知らせ 〜2019年3月〜

f:id:smartsenkyo:20190305150038p:plain

 皆様こんにちは!スマート選挙チームです。

都内ではだいぶ花粉が飛び始めましたが、皆様如何お過ごしでしょうか?

この時期に屋外での活動は花粉症の方にはお辛いですが、引き続き頑張って行きましょう。

 

スマート選挙は皆様の活動の一助になるべく

日々爆速でアップデートを行っております。

 

本日3月5日のアップデートの情報です。

マップに関する機能が大幅にアップデートされました!

 

続きを読む