大統領と首相の役割の違いは?フランスは両方いるのに日本はなぜ大統領がいない?

大統領と首相の役割の違いは?フランスは両方いるのに日本はなぜ大統領がいない?

テレビニュースやネットなどを見ていると、「米国の大統領やイギリスの首相が……」などと、各国を代表する政治家の呼び方が違うことがありますね。これを聞いて「大統領と首相は役割が違うのか?」と疑問に思う方もいるでしょう。

また、フランスには大統領も首相もいるのに、日本になぜ大統領がいないのか、その理由を知りたい、という方も多いと思います。実は、大統領がいる国もあれば、首相だけがいる国、そして大統領も首相もいる国もあるのです。

この記事では、大統領と首相の役割の違い、なぜ大統領も首相もいる国もあれば、日本のように大統領がいない国があるのか、などをわかりやすく解説します。この記事をご覧になれば、大統領と首相の役割の違いがよくわかります。

大統領と首相の違い

大統領と首相の大きな違いは、国に国王または他の国家元首がいるかどうかです。

  • 大統領共和制国家の元首
  • 首相国の行政組織の最高責任者

大統領とは

大統領とは、共和制国家の元首です。

元首は国の首長・統治者です。最近では、特に外国に対して国を代表する者の意味で使われています。

歴史的に見ると、かつて君主制だった国において、君主制が廃されて共和制が樹立された際に、君主に代わる国のトップとして大統領が誕生した例が多数あります。ただし、アメリカのように、建国の際に大統領制を選んだ国もあります。

いずれにしても、大統領がいる国に君主は基本的に存在しません。大統領がその国を代表する元首なのです。

首相とは

首相は、国の行政組織のトップ・最高責任者です。しかし、国家元首ではありません。

ちなみに、「首相(Prime Minister)」という呼び方は行政組織のトップの通称です。正式名称が国によって異なることを覚えておきましょう。

首相の正式名称の例

  • 日本:内閣総理大臣
  • 中国:国務院総理
  • 韓国:国務総理
  • イタリア:閣僚評議会議長

権限・役割の違い

大統領と首相の権限・役割は、国によって違います。

大統領の権限・役割は、その国がたどってきた歴史によって異なります。上で説明したように、君主制を廃して共和制となった国では、君主に代わる元首として大統領を選んでいることが多いのです。

また、大統領の権限に影響することとして、大統領の選出方法があります。大統領が国民
の直接選挙によって選ばれている場合は、強力な権限を持つのが一般的なことです。

しかし、大統領が常に強力な権限を持つとは限りません。議会が大統領を選ぶ国も多く、その場合、象徴的あるいは名目上の大統領として位置づけられることが多いのです。

一方、首相は、国の行政組織のトップとして行政運営にあたります。首相は、大統領や君主によって選ばれることもありますが、議院内閣制の国では、通常、議会で選ばれます(間接選挙)。

大統領と首相がいる場合、大統領が国を代表し、首相が国内政治を受け持つのが通例です。国によって異なりますが、一般的に大統領は首相より強力な権限を持ちます。その違いは、直接選挙で選ばれているかどうかの影響があります。

大統領制のメリット・デメリット

大統領制のメリットは、強力な権限による迅速な行政運営です。ただし、権限の強さや行政運営のスピードは国によって異なります。

一方大統領制のデメリットは、権限の強さゆえに大統領やその側近が独裁的になってしまうリスクを抱えていることです。また、大統領が国民による直接選挙によって選出される国では、議会との対立が懸念されることもデメリットとして挙げられるでしょう。

これに対して議院内閣制のもとで議会によって選出される首相は、基本的に議会との対立が起こりにくいといえます。また、大統領制よりも独裁的になりにくいともいえますが、その分、行政運営のスピードが遅くなる可能性は否定できません。

なぜフランスには大統領と首相の両方がいる?

フランスには国家元首である大統領と首相がいますが、それには歴史的な経緯があります。

フランスは、18世紀末に市民革命が起きるまで君主制(王政)が続いてきました。市民革命以降に共和制国家へと移行していきますが、その過程で2度の帝政を経験しながら国王に代わる元首として大統領が誕生したのです。

現在の大統領の形が確立したのは、シャルル・ド・ゴールが樹立した第5共和政(1958年~)になってからのことです。国民による直接選挙で選ばれる大統領は、議会の解散権など絶大な権限を持ちます。一方で、議院内閣制を取っており、首相もいます。

つまり、「議員内閣制」と「大統領制」を組み合わせた政治体制です。大統領は主に外交を、首相が主に内政を担います。この体制を「半大統領制(大統領制的議院内閣制:presidential-parliamentary system)」といいます。第五共和国憲法下で、政治を安定させるために生みだされたものです。

なぜ日本には大統領がいない?

日本に大統領がいないのは、政治制度に大統領制を採用していないからです。日本は政治制度に議院内閣制を採用しています。

日本の国家元首が天皇かどうかについては専門家の中でも意見が分かれますが、天皇は憲法によって「日本国の象徴であり日本国民統合の象徴」とされており、明文化はされていないものの、実質的な国家元首の役割を担っています。

天皇が政治に直接かかわることはありません。国の行政権は、首相が率いる内閣に属し、国会が国権の最高機関となっています。

まとめ

本記事では大統領と首相の役割の違いや、フランスには大統領と首相が両方いる理由、日本に大統領がいない理由、などについて解説しました。

各国に大統領や首相が置かれている理由や役割の違いは、それぞれの国の歴史や政治体制と関係しています。

この記事を参考にして、大統領や首相がいる意味や役割などを改めて考えていただき、政治により一層関心を持っていただければ幸いです。

<参照>
個別教室「高校生でも意外と知らない?!大統領と首相の違い」
P+D MAGAZINE「池上彰:首相と大統領の違いは?」
「大統領&首相が両方いる世界各国一覧は?韓国やロシアの違いも!」
ことくらべ「「大統領」と「首相」の違いって?」
QuizKnock「「大統領」と「首相」は結局どっちが偉いのか」
Yumenavi「大統領と首相の両方が存在する、フランスの不思議」
ベネッセ「【現代社会】 なぜロシアには大統領と首相がいるのか」
「首相と大統領の違いは? 各国のトップを徹底比較。その国で一番偉い人は誰?」
サピア「大統領と首相ってどう違うの?」

この記事を書いた人
senhime

教育や育児、福祉・介護など幅広い分野に関心を持ちながらWebライターをしています。
特に選挙と政治は、これからを担う子供たちのためにも、大きな関心があるテーマです。自分なりの知識・経験も活用してわかりやすい記事を心がけましたので、ご覧いただければ幸いです。

選挙
スマート選挙ブログ
タイトルとURLをコピーしました