2022年参院選の投票率は過去と比べて低い?都道府県別トップ3も

2022年参院選の投票率は過去と比べて低い?都道府県別トップ3も

2022年7月10日に参議院議員通常選挙が実施されました。今回の選挙の全国投票率(選挙区)は52.05%で、前回2019年の参院選から上昇しています。

今回は、投票率の高かった・低かった都道府県や、過去の国政選挙との比較をまとめました。投票率向上を目指す取り組みについても触れています。

2022年参議院選挙の投票率は?

総務省の発表によると、全国の投票率は選挙区が52.05%、比例代表が52.04%でした。本記事では以後、選挙区の投票率を記載します。

48.80%だった前回(2019年)の参院選と比較すると、上昇率は3%以上です。しかし、過去の参院選の中では4番目の低さとなりました。男女別の投票率は男性が52.27%、女性が51.84%です。

期日前投票で投票した人は約1961万人でした。

都道府県別投票率の首位は山形県

投票率が高かった都県と投票率は以下の通りです。

  • 1位山形県(61.87%)
  • 2位長野県(57.70%)
  • 3位東京都(56.55%)

山形県は前回参院選から引き続きトップとなりました。

都道府県別投票率が低かった県は?

投票率が低かった県と投票率は以下の通りです。

  • 45位広島県(46.79%)
  • 46位石川県(46.41%)
  • 47位徳島県(45.72%)

最近の国政選挙との比較

最近の参議院選挙や衆議院選挙の投票率はどうだったのでしょうか。

2019年参院選の投票率

2019年7月の前回参院選の投票率は48.80%で、1995年の44.52%に次ぐ戦後2番目の低さです。

前回の参院選は、12年に1度の「亥年(いどし)選挙」でした。亥年選挙とは、地方の首長や議員選挙の日程を統一して実施する4年に1度の「統一地方選」と、3年に1度の参院選が同じ年に重なることです。陣営などの選挙疲れが出やすく、投票率が低下する傾向にあるといわれています。

統一地方選や亥年選挙についてはこちらの記事を参考にしてください。
統一地方選挙とは?次回はいつ?

2021年衆院選の投票率

直近の国政選挙である2021年10月の衆議院議員総選挙では、小選挙区の投票率は55.93%でした。2017年衆院選の53.68%を上回りましたが、戦後3番目の低さとなっています。

投票率が伸び悩んだ一因には、新型コロナウイルス感染拡大への警戒があったとみられています。

2021年衆院選の投票率の詳細はこちら
2021年衆院選、地域別・年代別の投票率は? | スマート選挙ブログ
2021年衆議院選挙の投票率は?若者の投票率や呼びかけの効果について解説 | スマート選挙ブログ

投票率向上の取り組み

参院選では、各県の選挙管理委員会などによるSNSを多用した取り組みが目立ちました。

若者世代の目に多く触れるYouTubeやTikTokでも、投票を促す広報動画が多くアップされています。

人気声優起用や「にゃん議員選挙」

例えば宮城県選管による啓発動画では、人気アニメ「ドラゴンボール」孫悟空役の声優野沢雅子氏が声を担当する猫が登場しました。複数のシリーズがあり、「何かを変えてみよう篇」は7月12日時点で再生回数が22万回を超えています。

県選管の特設サイトでは「マニフェスト」を掲げるお気に入りの猫に投票する、模擬選挙のような「にゃん議員選挙」も実施されました。(投票は終了済)

他の自治体でも、SNSで人気のインフルエンサーを啓発に起用したり、期日前投票所の設置数を増やしたりして投票率の向上に取り組んでいます。

総務省による選挙啓発イメージキャラクターは乃木坂45元メンバーの生田絵梨花氏と俳優・歌舞伎役者の市川猿之助氏でした。

まとめ

  • 2022年参院選の全国投票率(選挙区)は52.05%で、前回2019年の参院選から上昇した。
  • 都道府県別の投票率が最も高かった県は山形県、低かったのは徳島県だった。
  • 選挙管理委員会などは、SNSを多用したり有名人を起用したりして、選挙の啓発に取り組み投票率の向上を目指した。

 

<参考>
令和4年7月10日執行 参議院議員通常選挙 発表資料
参院選投票率52.05% 依然として低水準で推移―総務省【22参院選】:時事ドットコム
参議院選挙:投票率トップの県は60・74%、最下位は38・59%…前回選
【図解・政治】参院選2019・投票率の推移(2019年7月):時事ドットコム
総務省|国政選挙における投票率の推移
参議院選挙:亥年の参院選、投票率低い?…自民苦戦の傾向も
衆院選投票率、55.93% 戦後3番目の低水準―総務省発表【21衆院選】:時事ドットコム
参院選2022:若年層に懸命アピール 各県選管、投票率アップへ知恵絞り… 猫や有名人起用、SNSや動画を活用 /宮城 | 毎日新聞
参院選投票率、どこまで上がる? TikTokで広報動画 12年ぶり映画館CMも復活 前回は20代ワースト 千葉県選管
にゃん議員総選挙 – 宮城県
宮城県選挙管理委員会 – YouTube
参院選2022:若者に投票呼びかけ 常葉大でマスク300枚配布 高校生も協力 /静岡 | 毎日新聞
参院選2022:期日前投票、利用して 県内65カ所、利便性高め /和歌山 | 毎日新聞
令和4年6月16日 第26回参議院議員通常選挙における選挙啓発・イメージキャラクター 標

この記事を書いた人
rainy

大学の政治学科を卒業後、報道機関で記者をしていました。主に社会部で裁判、司法を担当。選挙取材も経験しました。退職後の現在はフリーランスライターとして働く、0歳児と2歳児の母です。
「社会の仕組みや動きを知ること・理解することで、新しい世界が広がる」、読者にとってそんな記事を書けるよう、日々精進していきます。

選挙
スマート選挙ブログ
タイトルとURLをコピーしました